検索
  • dsb024

<エアポレーターの設置条件>

更新日:2021年5月26日


① 設置費用は設置状況やその年の気温等に左右されますが、3~5年で償却出来るとこ ろに設置します。

② エアポレーターの運転維持管理のために、メンテナンス契約が必要になります。

③  水道料金は掛かりますが、温度を下げる為に気化した分の補給水の料金なので、京都市では下水道料金が減額されています。

④水槽の清掃等、装置の維持管理費が掛かります。(設置費用の約10~25%/年)

⑤既設室外機に設置するため、全ての室外機に取り付けられるものではありません。吸気 口が装置の厚み20㌢以上出てきます。水を循環するのに、地面と室外機の高さも30セン チは必要となります。




 

閲覧数:62回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SDGsは「ビジネスを用いて社会をよくしよう」という考え方です。 企業の本来の目的は、事業を行い売り上げを立てることなので、SDGsの概念と事業は両立します。 エアポレーターを設置することは、政府の掲げる脱炭素と地球温暖化対策の協力になり、多方面でのアピールになります。